クレイジングジェル:メイク落としとスキンケアに不可欠なアイテム

肌質に合わせて


笑顔

1日のメイクを落とすクレイジング。そのための、クレイジングジェル。
クレイジングジェルを使うときに気をつけたいことのひとつに、「肌質」との関係があります。淑女と乙女の皆さん、このことについてはよく知っとく必要があります。
まだ年の若い乙女の方々にはまだ実感がないかもしれませんが、お肌の質と、メイクのやり方やクレイジングジェルの使い方というのは、密接な関わりを持っているのです。
つまり、お肌の質に合った方法で、メイクやクレイジングはしていかなければならないということなのです。

例えば、クレイジングジェルには塗ったあとで洗い流してメイクを落とすタイプのものと、拭き取るタイプのものがありますが、「敏感肌」に向いているのは前者です。
もちろん、後者だと、ただでさえ敏感なお肌をゴシゴシこすってしまうことになるからです。

「敏感肌」と並んで、特徴的な肌質としてよく聞くのが「乾燥肌」でしょう。
冬が近くなってくると「また今年もイヤな季節が来たわ……」とつぶやく淑女や乙女の数は、どれほどでしょうか。空気が乾燥してしまう中、そのお肌は一層繊細に、傷つきやすくなってしまうのです。

そういうわけで、乾燥肌のためのクレイジングでは、そもそも落とす前のメイク自体を薄めにすることを前提とする必要があります。
朝、薄めのメイクでお肌を飾り、夜、その薄めのメイクに対してやさしく、お肌になるべく負担をかけないクレイジングを行うのです。
クレイジングジェルの使い方のコツは「ゆっくり」ですが、その中でも早めにクレイジングを行えば、乾燥肌はカバーできるでしょう。